Tag Archives: マンガ

みどりの日々のテーマについて〜マンガへの愛を考える〜

更新がトロくてすみません。みどりの日々の中の人、Mです。

最初は読んでくれていた方ももう愛想を尽かして私のことを忘れてしまったかもしれないですね。

今回は仕切り直して、このブログのテーマについて考えてみたいと思います。

これは書いている本人のためでもあるのですが…。

<これまで>

まずマンガ歴を遡ってみると兄弟がいるので子供の時から男子のマンガも読んでいました。

なのでりぼん、なかよし、ガンガン、コロコロ、ジャンプ、マガジンから始まり、途中で恐怖系の

サスペリアに寄り道し、そこから大人の階段を登るに連れてマーガレット、花とゆめ、ヤングユー、

クッキーなど読み漁りました。

そして高校卒業した当たりで、おしゃれや何やらにお金をかけたくなって、

買うならファッション雑誌、当時無駄にみえたマンガにさよならしたつもりだったのですが、

もちろんマンガへの愛は消えず、その火は消えることなくチラチラと燃え続けていました。

さて、途中省略して、大人になった私がいるわけですが、

ある程度自由に買い物できるようになった中で、ちょっとずつ習慣としてマンガを読むようになりました。

 

そしてその良さを誰かと共有したいと思うようになったのでブログを始めた次第です。

 

<現在>

王道の少女漫画から恐怖、グロ、ギャグ、自伝系、何でも読みます。

最近だとミーハーですみませんが、『進撃の巨人』と『あなたのことはそれほど』から

目が離せません。あとは沖田 ×華さんのオートバイオグラフィー的なマンガは壮絶で、

絵はすごい雑いのに泣いてしまったりしました。画力とかではないんですよね。

マンガは総合表現芸術と言えます。

私のポイントとしては心に残るマンガですかね・・・

それが感動であれ、痛みであれ、驚きであれ、何か人の心を動かすっていうのは

エンターテインメントの醍醐味だと思いますが、マンガのその作用は他のメディアでは

ない独特のものだと思います。実際は平面に書かれた絵に過ぎないのに、

内容がやたらと刺さったりしますよね!

マンガと共に成長できた点だけでも、日本に生まれてよかったと思えます。

今まで読んでくださっている読者の方、新規読者の方、独善・独断的なブログですが、

おもしろいと思っていただけたらぜひまた訪問してやってください。

ご質問、ご意見、何か言ってやりたいと思った場合はぜひメッセージを残してください。

日々の生活に追われて、中々ゆっくりブログを書く時間が取れずにいますが、

2017年後半はちゃんと続けて書くつもりです。

 

 

DEATH NOTE、デスノート、キラ、L、夜神月(ヤガミライト)、死神、社会現象

デスノート

DEATH NOTE(デスノート)は2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』で掲載され、社会現象にもなったサスペンスマンガです。現在全12巻とガイドブックが発売されています。作者は原作者 – 大場つぐみ・作画 は小畑健。漫画原作者の大場つぐみさんですが、漫画家でもあるみたいです。

Read More »

鋼の錬金術師、ハガレン、荒川弘、等価価値、エドワード、アルフォンス、ホムンクルス、マンガ

鋼の錬金術師少年ガンガン史上一番売れた漫画

 

『鋼の錬金術師』は月刊少年ガンガンで2001年8月号から2010年7月号まで連載された(ブラック)ファンタジーマンガです。作者は荒川弘氏。単行本は全27巻で、累計発行部数は6,100万部も記録しています。

Read More »

ブリーチ、死神ルキア、厨二病、オサレ、ポエム、久保帯人

BLEACH(ブリーチ)は、週刊少年ジャンプで2001年36・37合併号から2016年38号まで連載されたマンガで現在全74巻発売されています。作者は久保帯人氏です。

ブリーチは、霊が見える高校生・黒崎一護が、死神・朽木ルキアから、死神の力を与えられ、死神代行として、家族や仲間たちのために虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦っていくバトルアクションです。

「なん・・・だと・・・」オサレなせりふもたっぷりなブリーチのあらすじ

ブリーチの物語は主人公黒崎一護が死神ルキアと出会うところから始まります。

ブリーチ

Read More »

ナルト、忍者、アニメ、少年ジャンプ

NARUTO -ナルト 大人気マンガ、アニメ。日本でも海外でも大人気!

ナルト

ナルト2NARUTO -ナルトは、忍者同士が超常的な能力を駆使した派手なバトルを繰り広げるアクションマンガで、 週刊少年ジャンプ にて1999年から2014年まで連載され、単行本は全72巻と外伝1巻が発売されています。作者は岸本斉史氏です。単行本の国内累計発行部数は1億4000部数といわれています。

 

Read More »

暗殺教室, 殺せんせー, 暗殺の時間から卒業アルバムの時間まで

僕らは、殺し屋。ターゲットは、先生。― 暗殺教室あらすじ

暗殺教室

ある日、月が爆発して七割方蒸発しました。その犯人はマッハ20で空を飛び、人間ではない謎の危険な生物した(でもタコみたいでスマイリーみたいでちっとも危険そうでない)。その危険生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」ことを宣言し、なぜか進学校「椚ヶ丘中学校」の成績・素行不良者を集めた「3年E組」の担任教師となることを希望します。

Read More »

ワンピースの人気の秘密と名言集など

ワンピース

気がつけば84巻!みんなも知ってるワンピースの魅力

ワンピースは通算で3億4000万部!! (2016年末)も売れている、モンスター的人気を誇るマンガです。1997年に少年ジャンプで連載が始まり、現在でコミック84巻、連載では857話(2017年2月15日現在)まで掲載されています。

作者は尾田栄一郎氏です。これまでにワンピースは数え切れないほどの賞を受賞しており、ゲームや映画も多数発表されています。

また日本だけではなく、海外でも20カ国以上でも出版されていて、世界中にファンがいます。アニメも海外でも放送されています。

Read More »