DEATH NOTE、デスノート、キラ、L、夜神月(ヤガミライト)、死神、社会現象

デスノート

DEATH NOTE(デスノート)は2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』で掲載され、社会現象にもなったサスペンスマンガです。現在全12巻とガイドブックが発売されています。作者は原作者 – 大場つぐみ・作画 は小畑健。漫画原作者の大場つぐみさんですが、漫画家でもあるみたいです。

作品は名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し自分の理想の世界を作ろうともくろむ高校生夜神月と、世界一の名探偵・Lとその仲間による頭脳戦、いつも予想を裏切る展開に誰もが手に汗をにぎった作品です。これほど有名なので知らない人はいない、デスノート。終わってから以外と年数が経っているんですね。

「デスノート」あらすじと見所 ネタバレ注意をちょっとだけ!

デスノートとは死神リュークが人間界に落とした、「ノートに名前を書かれた人間は死ぬ」危険なノート。このデスノートを一人の高校生夜神月(やがみらいと)が拾います。夜神月はその力を試すため「デスノート」に犯罪者の名前を書きこみます。そしてその後突然、テレビに写っている犯罪者が苦しみだし、心臓麻痺で死亡、それを目の当たりにする夜神月。デスノートの力を知った夜神月は「デスノート」を使って世の中を変えることを決意し、犯罪者達を次々と「心臓麻痺」で殺害していきます。そして夜神月は「僕は新世界の神になる」と「キラ」と名乗るようになります。ある日夜神月の前に死神が姿を現します。死神リュークは夜神月のすることをただ傍観するのみ。唯一彼が告げたことは、「ライトが死ぬ時・・・・リュークがライトの名前をノートに書く事になる」ということだけ。

そのうち、世界中でおこる不可解な犯罪者の死に疑問を抱いた世界的探偵通称「L」が現れます。

デスノート2

デスノート3 デスノート4

ここからLとキラとの対戦がFBIや日本の警察をも巻き込んで始まります。どんどん狂気に変わっていくキラと追い詰めていくL。

デスノート6

デスノート5FBIや警察に対抗するため「キラ」はデスノートを使ってのFBIの捜査官の殺人を繰り返していきます。
このころ、Lはキラが東京の関東にいることをつきとめます。
その犠牲者となった、FBI捜査官のレイ・ペンバーの婚約者の南空ナオミは、キラが心臓麻痺以外でも殺せる事を知ります。
Lはどんどんキラを追い詰めていきます。
ここで、第2の「キラ」弥海砂が登場します。彼女もまたデスノート所有者です。弥海砂死神の目を使って、夜神月に接触します。(でも彼女のデスノートは別の死神からのものなのです)

キラの証明 Lへ監禁される

キラを突き詰めたLですが、ライトをキラと証明する必要がありました。またキラもLと対峙するため、ライトはLに自分を監禁して無実を証明することを提案します。

ここでキラは、戦略としてデスノートの所有権を手放すことを決めます。これにより、キラ(ライト)からデスノートに関する記憶をすべて失います。

その後、第3のキラが現れ、ライトは監禁から開放されます。第3のキラはヨツバという大企業の人間で、私利私欲のためにデスノートを使うものでした。この第3のキラは、ライトが自分の戦略のためレムに依頼したものです。

ここから第3のキラは誰かという推理戦がはじまります。

Lとの最終対決

最終的に第3のキラをみつけだした、Lとキラたち。結局のところ、すべてのことはキラ(ライト)の計画通りだった。そして物語は第2のキラの弥海砂やそれについている死神、Lすべてを巻き込んでの終着は…。この最後の対決はぜひマンガを読んでほしいと思うので書きません。が、デスノートに第二章、Lを継ぐものと続くことを見てもらうと、みなさんのご想像通りです。。。ちまたでは、デスノートは第一章が終わった時点でもうすでに終わったという意見もたくさんありました

L名言集

デスノート6

「私はLです」

いきなりドストレートな宣言にびっくり!戦略なのか、単にLのストレートの性格からきたのか。。。

デスノート8

「好きになりますよ?」

いきなりキスされたときに切り返したせりふ(冗談?)ですが、切り替えしもド直球ですね。さすが反応がストレートなL。意外におちゃめさんなんですね。

デスノート9

「何が何だかわからない」

いつも困惑するとこのせりふが出ます。Lの顔が怖い。。

まとめ

デスノートはマンガをはじめ、アニメ、映画、ドラマと次々と公開され、社会現象にまでなった作品です。そしてアニメ、映画、ドラマとマンガを原作にしながらも、ちょっとづつイメージも内容も変わっています。

特に最終回、終わり方がメディアによって違うので、ぜひいろいろなメディアのデスノートを楽しんでください。